【愛犬のための知識2】どんな種類のサプリがあるの?

愛犬に与えることができるサプリメントの種類について説明しています。それぞれのサプリ成分が、免疫や心臓、肝臓などに効果があるかどうかを一覧で表示しているので、チェックしてみて下さい。

サプリメントの種類と犬の体への効果一覧

  免疫 心臓 肝臓 腎臓 関節
アガリクス 丸 丸 三角 丸 丸
自然露地栽培
アガリクス
二重丸 二重丸 二重丸 二重丸 丸
冬虫夏草 二重丸 二重丸 丸 丸 丸
フランス海岸松 丸 二重丸 丸 丸
プロポリス 二重丸 バツ バツ 丸
乳酸菌 丸 丸 二重丸 丸 丸
グルコサミン 丸 バツ バツ 丸

◎…研究などにおける根拠があるもの
○…効果があると考えられているもの
△…やや効果があると思われるもの
×…副作用や悪影響を及ぼす可能性があるため、使用しないほうがいいもの
―…不明

キングアガリクスのエビデンス

上記の表で一番◎の多かった「自然露地栽培のアガリクス(キングアガリクス)」には、アガリクスの中でも唯一、エビデンスがあります。その一例を紹介しましょう。

アガリクス最も注目されているのは、東京薬科大学薬学部のマウスを対象に行われた研究成果で、自然露地栽培のキングアガリクスに、抗腫瘍効果・腫瘍増殖抑制効果が認められたといったものです。この結果によって、ガンに苦しむ多くのペットに飲まれるようになりました。

さらに、自然露地栽培のアガリクスを3%含むエサを食べたマウスには、肝炎の軽減が見られましたが、ハウス栽培のものではあまり軽減されなかったというデータもあり、ハウス栽培のものよりも抗酸化作用が高く、肝臓への保護作用があることも、同大学の研究でわかっています。

この他、東京大学で行われた研究成果では、キングアガリクスを混ぜたエサを食べたラットは、通常のエサを食べたラットよりも血圧や心拍数が整っていたという実験結果があります。

また、筋肉の収縮の際、エネルギー代謝に関わっているCK(クレアチンキナーゼ)という酵素にも注目。CKは、心筋がダメージを受けた時に、血液中での数値が高くなるという特性がありますが、キングアガリクスを混ぜたエサを食べたラットのCK値は、通常のエサを食べたラットよりも低いことがわかりました。とくに心筋梗塞の診断の指標となっている「CK-MB」における値が極めて低いことから、心筋保護作用が認められます

愛犬におすすめのサプリメント特集はこちら