脂漏症

犬の脂漏症(皮膚病)のタイプは2つあります。皮膚や被毛がベタベタになるものと、乾燥によってフケが多くなるもの。ミネラルやビタミンの不足、アレルギーなどが原因として考えられています。

脂っぽくなる脂漏症とフケが出る脂漏症

どんな病気?

皮脂が異常に増えたり、フケが多くなったりする犬の皮膚病。偏った食生活や寄生虫、細菌感染などによって起こります。
犬の脂漏症には2種類あり、ひとつは、皮脂が増えて皮膚や被毛が脂っぽくベタベタになるケース、もうひとつは、過度の乾燥によってフケが多くなるケースです。
まず、病気の原因として考えられるのが、栄養バランス。普段の食生活において、脂質が多すぎる・少なすぎる、ビタミンやミネラル(銅・亜鉛・ビタミンA)が不足しているなど、栄養が偏っていると脂漏性になります。
また、性ホルモンや甲状腺ホルモンなど、体内のホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌が増えたり、角質化が進んだりし、脂漏症を引き起こすことも。
犬画像さらに、アレルギーを持っている犬の場合は発症しやすく、治療のためのステロイド薬の副作用で表皮の角質化が進行しやすいといわれています。
全身に限らず、ビゼンダニやツメダニ、ノミなどの寄生虫や、糸状虫やマラセチアなどの真菌に感染すると、部分的に発症する場合もあります。
脂漏症になると、皮膚や被毛がベタベタしたり、フケが増えたり、イヤなにおいを発するほか、発疹や皮膚の赤み、脱毛などが見られ、目や耳、お腹、背中などに発症することが多く、パグやブルドック、シーズー、ビーグル、トイプードルなどに多いといわれています。

治療法は?

脂漏症の原因がはっきりとわかっている場合には、その原因を取り除きます。そのほか、食事の脂肪量を調整したり、抗脂漏症シャンプーを使って体を洗ったりします。
ただし、抗脂漏症シャンプーを使いすぎると、角質層が薄くなって皮膚が乾燥し、さらに症状を悪化させてしまうこともあるので注意しましょう。

脂漏症におすすめのサプリ

免疫力を高めるアガリクス、ビタミンやミネラル不足によって脂漏症が引き起こされた場合に補充する亜鉛、銅、ビタミンA

愛犬の脂漏症体験談

10歳を過ぎたころから、アレルギーがひどくなってきました。毛がだんだん脂でべたべたするようになってきて、皮膚も真っ赤に。ネットで調べてみると、どうやら脂漏症のよう。
これまでにも、いろいろなアレルギーに悩まされていたので、もうステロイドは使いたくないと思い、食事を改善することからはじめてみようと思いました。
イワシや鮭などの魚をフードプロセッサーでつぶして、玄米と炊いた野菜を食べさせてみました。1週間後には変化が見られ、1か月半後には抜けていたところの毛も生えて、前よりもぴかぴかでツヤツヤの毛になりました。