アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎にかかる犬はたくさんいます。生まれつき皮膚病になりやすい犬種もいるので、日ごろから注意深くチェックしてあげましょう。

犬がアトピーになってしまう原因

アトピーとはどんな症状が起こるのか、発症の原因や治療法を詳しくチェック!

どんな病気?

犬の皮膚病の中でもっとも多いのがアレルギー性皮膚炎、その中でも大きな割合を占めているのがアトピー性皮膚炎です。その割合は、犬全体の10%にも及ぶといわれています。
アトピー性皮膚炎は、ダニやカビ、花粉、ハウスダストなどのアレルゲンに免疫機能が過剰に反応することで起こります。
アトピーを発症する原因については、柴犬やシーズー、レトリーバーなど、生まれつきアトピー性皮膚炎になりやすい犬種による遺伝的な要因と、皮膚のバリア機能が低下することでアレルゲンが侵入しやすくなり、アレルギー反応を起こしやすくなるという後天的要因があります。そのため、皮膚の弱い犬種はとくにケアしてあげましょう。
アトピーは、足の付け根やお腹、わきの下、耳、顔、足の先などに発症します。発症し始めのころは、特定の季節にだけかゆみや痛みを生じていたのが、年月が経つと、一年中かゆがったり痛がったりするようになります。
体をなめたり掻いたりすることで、引っかき傷ができたり、皮膚が赤くなったり硬くなったり、脱毛を起こしてしまう場合もあるので注意が必要です。

治療法は?

アトピー性皮膚炎の治療の基本は、炎症やかゆみを抑える薬物療法です。おもにステロイドや抗ヒスタミン剤などが使われます。シャンプー画像ステロイドはかゆみを抑える効果が高いのですが、長期にわたって使い続けると、皮膚が薄くなったり抵抗力が弱くなって感染症にかかりやすくなったりします。
肥満になりやすく糖尿病の原因になることもあるので、獣医師と相談しながら、慎重に使うようにしましょう。
また、皮膚のバリア機能をアップさせることも大切です。体についたアレルゲンを除去するために、こまめに体を洗ってあげるのも効果的。シャンプー後は、皮膚が乾燥しないよう保湿を忘れずに。
日ごろから部屋の掃除をしっかりして、ダニやカビ、ハウスダストなどのアレルゲンを減らすよう、心がけましょう。

アトピー性皮膚炎におすすめのサプリ

免疫活性化物質などを産生するヘルパーT細胞を活性化させる働きをもつアガリクス、アレルギー反応を起こすといわれているアラキドン酸の生成を抑制するリノレン酸エイコサペンタエン酸などの脂肪酸など

愛犬のアトピー性皮膚炎体験談

1歳でアトピーになりました。血液検査でアレルゲンを調べ、排除できるものは徹底的に取り除きました。それで、かなり症状が改善されたように思います。
うちの犬はステロイドの副作用に悩まされたので、イヌインターフェロン治療に切り替えました。費用はかかりましたが、十分な効果が得られたと思います。
治療をして1年以上たちますが、アレルゲンに触れたり摂取しなければ、皮膚炎を起こさなくなりました。