股関節形成不全

大型犬に多い股関節形成不全。先天的なものと後天的なものがありますが、遺伝的要因の強い病気です。

股関節形成不全の犬の特徴

病気が悪化しないよう、普段から気をつけておくべきポイントをチェックしましょう。

どんな病気?

股関節形成不全は、生まれつき股関節が正常に形成されていなかったり、成長過程で変形しまう病気です。シェパードやゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、バーニーズ・マウンテン、セント・バーナード、グレート・ピレニーズなどの大型犬によく見られ、小型犬や中型犬での発症はまれです。
股関節形成不全の犬の特徴としてまず挙げられるのが、歩き方。腰を振るように歩いたり、足を引きずったりします。走るときに、ウサギのように後ろ足で同時に地面をけったりすることもあります。足を痛がり、階段の昇り降りを嫌がることも。また、座るときに後ろ足をうまく折りたためない場合も、股関節形成不全が疑われます。
この病気は、遺伝的な原因が7割を占めるといわれるほど、遺伝的要因の強い病気です。後天的には、骨の成長が著しい生後60日ほどの間に、肥満や過度の運動などにより、股関節に大きな力が加わってしまうと、形成不全を起こしてしまうこともあります。

治療法は?

犬の股関節形成不全では、内科的な治療と外科的な治療があります。犬がまだ若く、軽度の場合は安静にすることが一番の治療法です。運動量を軽めにし、肥満にならないよう食事量を調節して、股関節が成長するのを見守りましょう。痛みがあれば、鎮痛剤や抗炎症剤などを投与していきます。
症状が重い場合には、外科手術が選択されることがあり、犬の年齢や体重などによって方法が異なります。股関節形成不全を防ぐために、成長期に食事管理をしっかりして肥満にさせないこと、激しすぎる運動は避けるよう心掛けましょう。

股関節形成不全におすすめのサプリ

関節組織の損傷の修復をサポートしたり、痛みや炎症をやわらげてくれるグルコサミンコンドロイチンなど

愛犬の股関節形成不全体験談

我が家の犬は股関節形成不全ですが、よく散歩をするせいか大腿部の筋肉がしっかりつき、その筋肉が骨を守ってくれているそうで、普段の生活ではそれほど問題はありません。
けれども、股関節形成不全と判明してからは、散歩の時間を減らし、階段は抱っこして、フローリングにはカーペットを敷き、ジャンプなどの遊びを禁止しています。
そして、これ以上ひどくならないよう、一日の終わりには、マッサージをしています。