ヘルニア

体型的にヘルニアになりやすい犬種がいます。何カ所も同時に発症したり、治療しても別の場所がヘルニアになる場合があるので、日常生活での足腰の負担が軽くなるよう、生活環境を整えてあげましょう。

ヘルニアになりやすい犬種とは

なぜヘルニアになるのか、まずはその原因をチェック。

どんな病気?

ひとつひとつ短い骨が連なっている背骨。その背骨の間でクッションの役割を担っているのが椎間板です。この椎間板が、なんらかの原因によって変形してしまうことで脊髄を圧迫し、痛みや麻痺などを起こします。
椎間板は、首から腰にかけて存在するため、どの部位でも発症する可能性がありますが、背中から腰にかけての発生が8割を超えます。椎間板ヘルニアになると、歩き方に異常が見られ、運動を嫌がります。前足、胸部、後ろ足、首から下など(ヘルニアの場所によって異なります)を痛がり、麻痺が生じることも。重症化すると、自力で立ち上がることができなくなったり、排便や排尿が困難になったりすることもあります。
椎間板ヘルニアの原因には、激しい運動(階段の昇り降りやジャンプ、全力疾走など)によるもの、肥満、骨の老化などがあります。犬画像また、ダックス系、プードル、シーズ、ビーグル、ペキニーズ、パグなどの犬種に多く見られます。これらの犬は軟骨異栄養症犬種と呼ばれ、もともと手足が短く生まれてくる遺伝子をもっている犬種です。何カ所も同時にヘルニアを発症したり、治療をしても別の箇所がヘルニアを起こしたりすることがあるので注意してあげましょう。

治療法は?

症状が軽い場合には、非ステロイド系の薬や抗炎症薬による内科的治療が有効です。重症の場合には、飛び出した髄核を切除する外科手術が施されます。手術後には、神経の機能を回復させるためのリハビリを行います。
ヘルニアを発症しやすい犬種の場合には、激しい運動を控え、フローリングの床にはカーペットを敷くなどして足腰の負担を減らし、階段の昇り降りもさせないようにしましょう。また、肥満にならないよう、食事管理をすることも大切です。

ヘルニアにおすすめのサプリ

ヘルニアによって疲労骨折などを起こさないよう、骨を丈夫にするためのカルシウムなど

愛犬のヘルニア体験談

うちの犬は、ヘルニアで後ろ足が麻痺してしまいました。もう歩けないと宣告されましたが、地道なリハビリと再生医療を続けています。そして、ヘルニアによる麻痺から1年がたち、ついに自力で歩けるようになりました。少しずつですが、ちゃんと前に進んでいるんだな~と実感しました。