熱中症

犬は体温調節が苦手です。夏の車内での留守番はもちろん、エアコンをつけている室内でも、状況によっては熱中症を引き起こす場合があります。ひとりで留守番をさせるときには、ゲージの位置などに注意してあげましょう。

気をつけたい熱中症の症状と予防法

飼い主の心がけ次第で、発症を防げる熱中症。暑い季節はしっかり事前対策を。

どんな病気?

犬は肉球にしか汗をかきません。そのため、体温調節をするためには「ハァハァ」というあえぎ呼吸(パンティング)によって、体にたまった熱を放出します。しかし、人間と比べて冷却機能が低いため、どうしても体内に熱がこもりやすくなるので、初夏から夏にはとくに注意しましょう。
熱中症は蒸し暑い室内や車内、厳しい暑さの中での散歩などで発症しやすくなります。
息が荒くなったり、口大きく開けて舌を出しながら呼吸をしていたり、たくさんよだれが出ていたりしたら要注意です。症状が進むと、ぐったりする、嘔吐、下痢、ふらつき、目や口腔粘膜の充血などが見られます。さらに悪化すると、失神や筋肉の震え、意識の混濁、けいれんなどを起こし、最悪の場合には命を落としてしまうこともあります。
犬の熱中症の原因で一番多いのが、夏の車内での留守番。エアコン代わりに窓を開けていても、十分に換気がされないので、場合によっては数分で熱中症になってしまうことも。
閉め切った室内での留守番も危険です。直射日光が入り込む場所や、ケージの中など、犬が自分で涼しいところへ移動できない場合は、熱中症になる可能性があります。日当たりのいい部屋では、エアコンをつけていても熱中症になる危険があるので注意しましょう。
また、蒸し暑い日に屋外で過ごしたり、暑い時間帯に散歩をするのも避けましょう。人間よりも地面の近くを歩く犬は、照り返しの影響が大きいため、より暑さを感じやすく、高温のアスファルトやマンホールで足の裏をやけどをしてしまうこともあります。
熱中症になりやすい犬種としては、シーズー、パグ、ブルドック、ペキニーズなどの短頭種シベリアン・ハスキーなど北方生まれの犬、太っている犬、子犬、老犬、心臓や呼吸器に疾患をもつ犬などが挙げられます。

治療法は?

意識がある場合は、まず体を冷やし、水分を補給させます。冷水で濡らしたタオルや保冷剤で、頭やわきの下、足の付け根を冷やします。お風呂場で冷たい水をかけても。ただし、体温の下げすぎには注意して、39℃くらいになったら冷やすのをやめて病院へ連れて行きましょう。
意識がない場合は、すぐに病院へ。その場合も応急処置が必要ですから、冷やしたタオルや保冷剤で体を冷やしながら移動すること。

熱中症におすすめのサプリ

夏バテを予防するには、免疫力を高めることが大切。おすすめはアガリクス、プロポリス、冬虫夏草など

愛犬の熱中症体験談

弟が旅行に行っている間、私が預かっていた犬の話です。辺りがうっすらと暗くなり始めた8月の夜、いつものように散歩に出かけました。普段は途中の公園でお水を飲ませてあげるのですが、この日はたまたま水飲み場が占領されていたため、そのまま家に帰ることに。
あともう少しで到着するというところで、急にばったりと倒れてしまい大慌て。私の叫び声を聞きつけて家族がかけつけ、急いで病院へ連れて行ったため、翌日には元気を取り戻しましたが、すぐに病院に連れてこなかったら命にかかわる危険な状態だったそうです。犬は言葉が話せない分、飼い主の判断が命取りになると痛感した出来事でした。