糖尿病

犬の糖尿病は、人間と同じように肥満が原因で起こることが多々あります。日ごろから、食事の量や内容に気をつけて、適度な運動で肥満を防ぐようにしましょう。

犬の糖尿病のおもな症状

糖尿病になると、どんな変化があらわれるのか、治すためにはどんな治療法を行うのかをチェック。

どんな病気?

人の糖尿病同様、インスリンというホルモンが不足したり、その働きが低下することで血液中の糖分(血糖)が増えてしまう病気です。犬とごはん
糖尿病になると、エサをたくさん食べ、水をよく飲むようになります。また、尿の量や回数も増えます。いっぱい食べているのに体重が減る場合もあります。
進行していくと、嘔吐や以前とは異なる口臭(アセトン臭)が出たり、ひどくなると昏睡状態に陥り、命にかかわってくることも。糖尿病は、白内障や再発性皮膚炎、膀胱炎、子宮蓄膿症などの合併症を引き起こすこともあるので注意が必要です。
インスリンの分泌量が低下することで起こる糖尿病の場合、遺伝的な要因や肥満などが原因として考えられます。ミニチュアシュナウザーやビーグル、ダックスフント、プードルなどは、糖尿病にかかりやすい犬種として知られています。
人間同様、肥満が原因で糖尿病になることも。とくに、早食いやドカ食いばかりしていると、食事のたびに大量のインスリンが出て、そのうち、インスリンに対する反応が鈍くなってしまいます。そして、血糖を取り込む力が弱くなってしまい、糖尿病になってしまうのです。

治療法は?

人間の場合と同じように、糖尿病の治療にはインスリンの投与が一般的です。獣医師の指示の下、飼い主が毎日注射をします。インスリンの量は、多すぎると低血糖発作を起こして意識を失うことがありますし、少なすぎると血糖値を十分に下げることができません。その日の運動量や摂取カロリーによって、インスリンの量が変わってくるので、しっかり適正量を確認しましょう。
インスリン投与と並行して、肥満を改善するための食事療法や運動療法が行われることもあります。肥満の予防としても、適度な食事と運動は欠かせません。

糖尿病におすすめのサプリ成分

血糖を下げる働きのあるβ‐グルカンを含むアガリクス。とくに、より多くのβ‐グルカンが含まれている自然露地栽培のアガリクスがおすすめ。

愛犬の糖尿病体験談

我が家の犬は11歳のときに糖尿病になってしまい、朝晩にインスリンを投与していました。糖尿病は放っておくと、どんどん合併症が出てくる怖い病気です。
はじめのうちは、インスリンの注射のたびに鳴いていましたが、私も手際がよくなったのか、そのうち犬も鳴かないようになりました。うちの犬は、インスリンを投与し続け、17歳まで生きたので、私としてはインスリンの投与に後悔はありません。