心不全

心臓のポンプ機能の異常によって、血液がスムーズに流れなくなる心不全。小型犬に多い病気です。

犬の心不全の原因と治療法

心不全とはどんな病気か、また治療法などについても、まとめていきます。

どんな病気?

心臓のポンプ機能に障害が起こり、体内に血液を送り出せなくなってしまう病気。血液がスムーズに流れないことによって、咳が出たり呼吸困難を起こします。血液がうまく循環しないため、肝臓や腎臓、肺などの主要な臓器に影響を与えます

初期のうちは目立った症状は見られませんが、元気がなくなったり、疲れやすくなったり、呼吸が乱れやすくなったりします。散歩に行きたがらなくなったり、運動後に咳が出たり、呼吸が乱れることも。

さらには失神したり、舌や口の中が紫色になってチアノーゼを起こすこともあります。

貧血や不整脈、塩分や水分の摂りすぎ、激しい運動、ストレスなどは心不全を悪化させることがあるので注意が必要です。

小型犬に多くみられますが、中型犬や大型犬にもみられます。中年から高年齢にかけて、多く発症します。

治療法は?

散歩画像心臓の働きを助けるための強心薬、むくみを取るための利尿剤、気管支拡張剤、肺の血管を広げる薬などが投与されます。

こうした内科治療を行いながら、塩分を抑えた食事療法を行います。塩分を摂りすぎて水をたくさん飲むようになると心臓への負担が増えるからです。

また、心臓に負担がかかりすぎないよう、運動の制限も必要になりますが、肥満も心臓への負担になるので、適度な運動も必要です。

無駄吠えを減らしたり、散歩のときに引っ張らせないなど、心臓に負担をかけない生活を心がけましょう。

心不全におすすめのサプリ成分

心不全の症状改善が期待できるL-カルニチン、心不全の治療薬としても用いられているタウリン、心不全に有効といわれるコエンザイムQ-10など。また、東京大学で行われた最新の研究では、自然露地栽培アガリクスに心臓の保護作用があることがわかっています。

愛犬の心不全体験談

心不全と診断されて1年。食欲があったりなかったり、元気だったり無気力だったり、一喜一憂の毎日ですが、心臓病は悪くならないように調整していくことが大切だといわれました。

でも、心臓の状態が悪かった頃は、口の中が黒っぽかったのに、いまはピンク色の舌をしているので、安定しているのかな。

温度差や興奮など、心臓に負担がかからないように気をつけながらの毎日です。