フィラリア

蚊を媒介して感染するフィラリアは、薬で予防できる病気です。感染してしまうと治療も複雑なので、まずは感染させないことが大切です。

犬のフィラリアは予防できる病気

フィラリアについて、詳しく解説していきます。

どんな病気?

フィラリア(犬糸状虫症)という寄生虫が、心臓に寄生して起こる病気。フィラリアは、蚊を媒介して感染していきます。
蚊画像フィラリアにかかっている犬の血を蚊が吸うことで、フィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)が蚊の体内に侵入します。ミクロフィラリアが蚊の体内で感染幼虫へと成長。感染幼虫を宿した蚊が、別の犬の血を吸うと、その刺し口から感染幼虫が犬の体内へ入り込むのです。

犬に寄生したフィラリアは、さらに成長し、静脈血管を通って心臓へと達します。フィラリアは右心室や肺動脈に寄生し、ミクロフィラリアを生み出していきます。それによって血液の流れが悪くなり、いろいろな病気を発生してしまうのです。

感染したばかりのころは大きな症状は見られませんが、次第に息が荒くなったり、咳をしたりという症状が出てきます。さらに軽い運動でも疲労感がある、食欲が落ちる、体重が減少するといった症状のほか、腹水でお腹が膨らんだり、吐血や失神も見られます。

治療法は?

薬を投与して犬の体内のフィラリアを駆除する方法と、心臓や大動脈に寄生したフィラリアを外科的手術で取り除く方法があります。犬の体調や年齢にもよりますが、外科的手術は、急性の場合に採用されます。

薬剤で死んだフィラリアは体外へと排出されるわけではなく、およそ1カ月ほどの時間をかけて分解されていきます。フィラリアの死がいが動脈に入り込んで血管を塞いでしまうリスクを防ぐため、その間、絶対安静が必要です。

また、大量のフィラリアが一度に死ぬことで、深刻な炎症や呼吸不全を引き起こしてしまうケースもあるので、慎重に治療を進めることが重要です。

フィラリアは予防薬で予防できるので、獣医師の指示に従い、定められた期間きちんと予防薬を投与して、しっかりと予防することが大切です。

フィラリアにおすすめのサプリ成分

心臓や神経組織の働きを正常に保つ働きのあるマグネシウム、免疫システムを強くして心臓のリズムを整えてくれるオメガ3脂肪酸など

愛犬のフィラリア体験談

たまたまインターネットで犬の病気について調べてたときに、フィラリアが毎年予防するものだと初めて知りました。急いで健康診断を受けさせに病院へ連れて行くと、すでに感染していました。

無知で情けなくショックでしたが、先生が「心臓に寄生している虫は5年で死滅します。一緒に頑張りましょう」と言ってくださり、とても心強い言葉でした。

薬を根気よく飲み、先生の言葉通り5年で完治しました。

フィラリアに予防の薬があることもその時に知りました。フィラリアの予防と検査をしっかりすることは本当に大切だと実感しています。