心筋症

犬の心筋症でもっとも多いのが、心室内腔が大きくなる拡張型です。心筋症の原因には、遺伝的な要因もあると考えられています。

犬の心筋症の症状と治療法

心筋症の症状や治療法について、詳しく説明していきます。

どんな病気?

心臓を構成する筋肉である「心筋」に異常が起こり、正常に機能しなくなることで、全身に血液が行きわたらなくなる心臓病です。

心筋症には「拡張型」「肥大型」「拘束型」がありますが、犬の場合は、心臓が肥大して心室内腔が大きくなる拡張型が多くみられます
犬画像初期の場合、あまり症状はみられませんが、元気がなくなってボーっとしたり、疲れやすくなったり、時折、失神などが起こる場合もあります。進行していくと、咳や呼吸困難などが起こったり、お腹が膨れたり、不整脈によって意識を失ったりすることも。最悪の場合には、突然死も起こりうるので注意が必要です。

心筋症が多くみられる犬種には、アメリカン・コッカー・スパニエル、ダルメシアン、グレート・デーン、ドーベルマン、ピンシャー、ボクサー、ジャーマン・シェパード、セントバーナードなどの大型犬に発症が多く、小型犬ではほとんど見られません。

いまのところ原因ははっきりしていませんが、純血種の発症が多いことから、遺伝性のものがあるとも考えられています。

治療法は?

症状に合わせて利尿剤、強心剤、血管拡張剤、抗不整脈剤などを投与する内科療法が一般的です。
家庭では、塩分を抑えた食事制限や運動制限など、心臓に負担がかからないように生活改善もしていきます。
こうした日々の治療により、症状を軽減したり、突然死のリスクを抑えることができますが、心筋症は進行性の病気のため、それほど症状が重い場合でなくても治療を続けていくことが大切です。

心筋症におすすめのサプリ成分

L‐カルニチンやタウリンの不足によって心筋症が引き起こされるという説もあるため、L‐カルニチンタウリンを補充して心機能の改善を図ります。
また、心臓の筋肉を強くする働きのあるコエンザイムQ‐10、心機能の改善に役立つマグネシウムのほか、東京大学で行われた最新の研究では、自然露地栽培アガリクスに心臓の保護作用があることがわかっています。

愛犬の心筋症体験談

拡張型心筋症と診断されました。レントゲンを見ると、通常の1.5倍くらいに大きくなった心臓と、腹水がたまっているのがわかりました。利尿剤を投与され、腹水はだんだん減っていきました。心臓病には気温の変化に注意が必要だといわれていましたが、急激に寒くなって、愛犬の体調も急に崩れました。

興奮したり、激しい運動をしたりして心臓に負担がかかると急に倒れてしまうこともあるのですごく注意をしています。余命宣告は受けてはいませんが、いつ何があってもおかしくない状況のようなので、毎日、笑顔で接していたいと思っています。