腸閉塞

犬の腸閉塞は、おもちゃや石などの異物を飲み込んでしまうことが原因の多くを占めます。進行すると命を落とす危険もあるので早期治療が重要です。

異物を飲み込むことで起こる犬の腸閉塞

腸閉塞とはどんな病気か、治療法なども詳しく説明していきます。

どんな病気?

腸に何かが詰まってしまい、正常に機能しなくなる状態が腸閉塞です。腸内のどこかが詰まってしまうと、消化物がそこにとどまってしまい、後方部が風船のように膨らんでしまいます。
犬画像犬の腸閉塞の原因は、おもちゃやビニール、石などの異物を飲み込んだことによるものが多数を占めます。そのほか、腸管内に腫瘍ができることによって起こるもの、腸の周辺臓器が炎症や腫瘍などによって肥大し生じるもの、腸管内に大量に寄生した寄生虫によって腸が塞がってしまったり、腸捻転、胃腸の手術によって腸のぜん動運動が一時的に衰えることで生じるケースもあります。

軽度~中度の腸閉塞では、嘔吐、下痢、便秘、食欲の低下、元気がない、脱水などの症状が見られ、腸閉塞が長く続くと体重も減っていきます。

腸が完全にふさがってしまうような状態になると、血行が悪くなり、腸管が壊死してショック状態におちいり、命に危険が及ぶこともあります。

治療法は?

ショック状態にある場合には、その治療を行います。状態が落ち着いてから、外科的手術で異物を取り除いたり、閉塞部を除去したり、腸管の修復を行います。

腸閉塞の予防のためにも、日ごろから、異物を飲み込まないようしつけておくこと。犬が飲み込むようなものを置かない、そばを離れるときや外出時はケージに入れるなどの配慮も必要です。

感染症や寄生虫病などによって腸閉塞を起こす場合に備え、ワクチン接種なども行っておくと安心です。

腸閉塞におすすめのサプリ

腸内環境を整える乳酸菌など

愛犬の腸閉塞体験談

朝、目が覚めると愛犬が嘔吐したような跡がありました。その後も何度か吐いていましたが、「ちょっと元気がないのかな?」くらいにしか考えていませんでした。翌日も元気がなく、少し嘔吐したので病院へ。その時は腸も動いていたし、とりあえず、脱水症状を防ぐ点滴と吐き気止めの注射を打ちました。

その次の日も元気がなく、お腹を触ってみると、何か異物に触れた感触が。

さらに、その次の日も嘔吐が続いたので再び病院へ行くと、腎臓のそばに何か異物があるといわれました。

開腹手術をした結果、異物はおもちゃの部品だったことが判明。いまではすっかり元気になりましたが、おもちゃの誤飲には十分気をつけねばと思い知らされました。