胃拡張・胃捻転

食べ過ぎや食後すぐの運動によって起こる可能性のある胃拡張・胃捻転。胸の深い大型犬に多く見られる病気です。

胃拡張・胃捻転はなぜ起こる?

ここでは、起きる原因や治療法について詳しくまとめていきます。

どんな病気?

ガスや食べ物によって胃が膨れるのが胃拡張、さらに膨らんだ胃がよじれた状態が胃捻転です。胃がねじれることで出口がふさがり、空気や食べ物、水が外に出なくなってしまいます。血流も悪くなり、悪化すると胃が壊死したり、心筋虚血を起こしてショック状態に陥ることもあります。

胃拡張・胃捻転を起こすと、腹部が膨らみ、腹痛を起こします。吐こうとはしますが吐けず、大量のよだれが出ます。

胃拡張・胃捻転は、食べ過ぎや胃の中でガスが発酵することで起こるほか、食後すぐの運動も原因のひとつとされています。胸の深い大型犬に多く見られ、たとえば、グレートデーン、セントバーナード、コリー、ボルゾイ、シェパード、ラブラドールレトリーバーなどの発症が多いといわれています。ミニチュアダックスフント、ペキニーズ、コッカースパニエルなどの小型犬でも発症の可能性はあります。

治療法は?

ショック状態に陥っている場合には、点滴や薬物治療を行い、チューブなどで胃の中の空気を出します。その後、外科的手術で胃の整復を行い、再発防止のために胃を固定することもあります。

胃拡張・胃捻転の予防として、食事の回数を1日2~3回にすること。一度にたくさんの量を食べたり、慌てて食べることで空気もたくさんお腹に入れてしまい、胃拡張や胃捻転を引き起こしてしまう可能性があるからです。

水も、一度にたくさん与えないようにして、食後の急激な運動も避けるようにしましょう。

胃拡張・胃捻転におすすめのサプリ

食べ物の消化を手助けする消化酵素など

愛犬の胃拡張・胃捻転体験談

深夜、急に苦しそうな声で鳴きだしたうちの犬。お腹を上にして、ゴロンとしていたので、お腹をさすってあげると目を閉じて落ち着いている様子。が、やっぱり気になるので病院へ行きました。

診断の結果、胃にガスがたまっているということで、口から管を入れてガスを抜きました。気づくのが遅かったら、開腹手術になっていたとか。早めに気づけてよかったです。