メラノーマ

ここでは、メラノーマの特徴や治療法、愛犬の体験談を掲載し、悪性のメラノーマへの効果が期待できるサプリメント成分を紹介します。

犬のメラノーマの特徴

メラノーマの特徴とはどのようなものか、詳しく説明していきます。

どんな病気?

口腔内や眼球、皮膚、指などに生じる黒色の病変。メラニン細胞ががん化することによって生じます。

良性のものと悪性のものがありますが、口腔内や指、目の下にできるものは、悪性であることが多いといわれています。

メラノーマ(黒色腫)は、その名の通り、茶色や緑黒色など黒っぽいものが大半ですが、色のないものもあります。色の濃さは良性・悪性には無関係で、色が濃いからといって悪性であるというわけではありません。

悪性の場合、肺や肝臓、リンパ節、副腎などの臓器に転移することもあります。
病院画像メスよりもオスのほうが発症事例が多く、発症の平均年齢は9~11歳といわれています。

口腔内にメラノーマを発症した犬には、口臭や過剰なよだれ、食欲不振、口からの出血、顔の腫れなどが見られます。

皮膚やつま先にメラノーマが発症しやすいといわれている犬種は、テリア、スパニエル、ボクサー、チワワなど。口腔内にメラノーマが発症しやすい犬種として、ゴールデンレトリーバー、スコティッシュテリア、ダックスフント、プードルなどが挙げられます。

メラノーマの原因について、明確にはされていませんが、加齢、紫外線やホルモン、ウイルスの影響、遺伝、免疫不全などが考えられています。

治療法は?

周囲の組織を含めて切除する外科手術が一般的です。悪性の場合、転移していることも少なくないので、放射線治療を実施することもあります。

メラノーマにおすすめのサプリ成分

免疫力を高める作用があるアガリクス、プロポリス、冬虫夏草、乳酸菌、がんの再発防止に効果があるといわれるDHA、がん細胞の増殖を抑制する効果が期待できるビタミンDなど

愛犬のメラノーマ体験談

愛犬の歯磨きをしようと口の中を覗くと、下の歯のところに黒い塊を見つけました。インターネットで調べてみると、どうやらメラノーマのよう。
すぐに大きな病院に連れて行き検査したところ、やはりメラノーマとのことで、アゴを手術で摘出することになりました。

その後の検査の結果、転移が見られなかったので、抗がん剤治療は受けないことにしました。
手術から5カ月が経ちましたが、元気に過ごしています。

こちらにも、メラノーマのワンちゃんの体験談がありますのでご覧ください。