肝臓がん

人間同様、初期の症状がわかりにくく、気づいた時には進行していることが多いのが肝臓がん。食欲不振や嘔吐、血便などの症状があれば注意しましょう。

食欲不振などチェックしておきたい犬の肝臓がんの症状とは

肝臓がんの症状や治療法などについて、説明していきます。

どんな病気?

肝臓がんは、発生頻度が高いものの、初期症状が確認しづらいため、症状が出る頃にはがんが進行していることが多くあります。

肝臓がんには、肝臓そのものにがんができる場合(原発性肝臓がん)のほか、他部位で発生したがんが転移して肝臓がんになる場合(転移性肝臓がん)があります。
ドッグフード画像原発性肝臓がんは、10歳以上の老犬に多く起こりやすく、メスよりもオスのほうが発生しやすいといわれてます。原因は詳しくわかってはいませんが、遺伝や加齢によるほか、食品添加物や香料などの化学物質が多く含まれた低品質のドックフードの摂取、気候などの環境によるストレスなども影響していると考えられています。

転移性肝臓がんは、胃やすい臓などの臓器から転移によって起こります。肝臓は、体内の有毒物質を解毒する作用があるため負担も重く、ガンの転移先になりやすいのです。さらに、がんの転移はリンパや血流によって移動するため、血液が流入する肝臓にがんが転移しやすいと考えられています。

肝臓がんは初期症状がほとんど見られませんが、悪化すると次のような症状が出てくることがあります。

嘔吐、食欲不振、体重減少、口の渇き、過度の排尿、無気力、血便、貧血、黄疸など。

これらの症状は、他の病気と間違えやすいため、肝臓がんの発見が遅れるとも言われています。

治療法は?

転移の見られない原発性肝臓がんの場合は、腫瘍を切除する外科手術が可能です。肝臓がんは化学療法の効果が得られにくいため、あまり使用されませんが、転移性肝臓がんの場合は、使用されることがあります。

肝臓がんにおすすめのサプリ成分

免疫力を高め、がんの増殖抑制効果が期待できるアガリクス、免疫力を高めるプロポリス、肝臓の働きを助けるBCAA(必須アミノ酸)ウコンなど

愛犬の肝臓がん体験談

末期の肝臓がんと診断されました。前日まで元気だったのに、朝起きたらお腹がパンパンになってぐったりしていたので、病院に連れて行ったら肝臓に7センチの腫瘍があり、末期で余命2カ月だといわれました。

年齢的にも手術や抗がん剤の治療は難しいといわれ、なにもできませんでした。その数日後、発作を起こして危篤状態になり点滴を受けましたが、獣医さんには「今夜が山だ」と言われ、半ばあきらめました。

しかし、それから1年以上たちますが、なんとか元気で?やっています。血を吐いたり発作を起こしたりしながらも、自力で歩いていますし。獣医さんにはほとんど行かずに、療法食で過ごしています。

病気に苦しむ愛犬にあなたができること

病気によって衰弱した愛犬を見て「何とかしてあげたい」「元気になってずっと一緒にいたい」と考えるのは、みなさんにとって共通の想いです。ワンちゃんにとっても、その気持ちはきっと同じ。「一生を共に過ごしたあなたの側を離れたくない」という一心で、必至に病気と闘っています。

たとえ最期を迎えることがあったとしても、ワンちゃんが幸せな人生だったと思えるよう、私たち飼い主ができることを考えてみましょう。

もちろん、病院で最善の治療をおこなうことは大切です。しかし、病気で弱ったワンちゃんやあなたにとって「一時も離れたくない」というのが共通の願いであるということを忘れてはいけません。病気に苦しむ愛犬にとって、飼い主の愛情や存在は、何よりもかけがえのない安らぎとなるのです。

そのためには、自宅で一緒にいる時間を大切にしながら、最期までしっかりと愛情を注ぐこと。そして、効果的にワンちゃんの免疫力を高めて体力を回復させることが、私たち飼い主にできることだといえます。

これらを兼ね備えているものが、サプリメントです。病気を患った愛犬にサプリを与えることは、飼い主ができる最大限の看病方法だといえるでしょう。

先ほどご紹介した体験談にも見られるように、余命を宣告されたとしても愛犬といる時間を大切にすることでその想いが伝わり、永く生きられるといったケースも少なくはありません。最期まで共

に暮らして愛情を注ぎ、サプリで少しでも病状や症状を改善させてあげることで、一緒にいれる時間を大切にしましょう。

あなたができることを精一杯の気持ちを込めて行うことで、ワンちゃんにとってもきっと幸せな人生だったと感じてくれるはずです。 

>>愛犬に最大限の看病を
病気にかかってしまった愛犬におすすめしたいサプリ