犬の病気調査ラボ~愛犬の健康のために~

犬の病気と治療法をリサーチ

犬 しっぽ人間同様、犬も昔と比べてかなり長生きになってきましたが、その分、さまざまな病気にかかる可能性も高くなっています。

最愛のパートナーと少しでも長く一緒にいたい、そんな飼い主さんのために、病気の症状や治療法、予防法のほか、健康をサポートするペット用サプリメントを紹介しています。

愛犬が病気になってしまったとき、愛犬の健康を真剣に考えたとき、このサイトの情報がお役に立てたならうれしいです。

以下、気になる症状や、病気の治療法などについてまとめていますので、参考にしてください。

犬の病気の症状や治療法についてはこちらをクリック

人間同様死亡率1位の病気はがん

現在、犬がかかる病気というのは、人間のそれとほとんど変わりありません。犬の病気の中でも、死亡率が一番高いといわれているのが、がんや腫瘍です。がんの中でも、悪性リンパ腫や骨肉腫、メラノーマ、肝臓がん、脳腫瘍などにかかるケースが多いようです。ドクター

 

悪性リンパ腫…体のリンパ組織ががん化したもの。体表面のリンパ節や消化管のリンパ組織、皮膚など、がん化する場所によって症状が異なります。

骨肉腫…骨にできる悪性腫瘍で、転移しやすいがんでもあります。

メラノーマ…口の中や目、皮膚、指などにできる腫瘍です。良性のものと悪性のものがあり、悪性の場合は肺や肝臓などの臓器に転移することも。

肝臓がん…発生頻度が高いのに、初期症状がわかりにくく、気づいた時にはかなり進行していることが多い病気です。

脳腫瘍…脳に腫瘍ができることで、神経にさまざまな異常を起こします。発作や旋回運動、顔面マヒなどが現れたら、脳腫瘍を疑ってみましょう。

 

こうしたがんの治療法として一般的なのが、抗がん剤による化学療法。がんの種類や場所によっては、がん化した部位を切除する外科療法や放射線治療が施されることもあります。

犬の病気で多いのは皮膚病

柴犬 画像そして、犬の病気の中で多いのが皮膚病。とくにアレルギー性皮膚炎にかかる犬が多く、その中でも大きな割合を占めているのがアトピー性皮膚炎です。アトピー性皮膚炎は、ダニ、カビ、花粉、ハウスダストなどが原因で起こります。柴犬やシーズー、レトリーバーなどはアトピーを発症しやすい犬種といわれているので注意しましょう。

 

そのほか、皮膚に細菌が入り込んで湿疹や炎症を引き起こす膿皮症や、皮脂が異常に増えたりフケが多くなったりする脂漏症なども代表的な皮膚病です。

アトピー性皮膚炎の治療には、炎症やかゆみを抑えるためにステロイドや抗ヒスタミン剤などが用いられ、膿皮症では抗生物質が投与されます。

がんの治療にしても、皮膚病の治療にしても、愛犬にとっては大きな負担がかかります。少しでもその苦しみを軽減させてあげたり、病気にならないための予防として、サプリメントを試してみるのもおすすめです。
病院での治療はもちろんですが、これも、飼い主さんができるサポートのひとつではないでしょうか。